• 雑誌等の取材も受ける巧の磨き技術
  • 1台1台外気を遮断した個室ブースでの施工
  • 独自の磨き技術により実現する極上の仕上り
  • 無料メンテンスで施工後の心配も一切なし

コーティング入門第3弾!!

こんにちは、NOJ沖縄代表桃原です。
今日は天気も良く洗車日和ですね!
東村ではつつじ祭りもやっており、春がやってきてる感じがする今日この頃です。
 
さて、前回はコーティングの種類を説明しました。少し専門用語が出できたんですが、わかってくれましたか?
分かりやすく教えて欲しいい方が居ましたら、御来店していただきわかりやすく説明していきますので、他の質問でもどんどん聞いてください。
 
今日は、第2弾としてイオンデポジット・ウォータースポットといったことを紹介したいと思います。
 
それってなに?と思う人もいるでしょう!
簡単に言うと水垢です。
それをほっと置くと大変なことになりますし、なぜNOJ沖縄無料メンテナンスをしているかがわかると思います。
 
イオンデポジット(ウォータースポット)
 
 なにやら名前だけ見るとかっこよさそうですね~ ^^
 
 しかし! イオンデポジット(ウォータースポットとも)はボディ塗装の天敵です!
 
 イオンデポジットとは・・・ ボディに水滴の跡が残り、蒸発等した後の残留物で白っぽくこびりついてしまう現象の事。 白っぽい残留物は「うろこ状」になって固着しており、洗車をしても取れませんし、無理矢理強引に擦ればボディに傷が付いてしまいます・・・。 水垢のような感じですが、メンテナンスによってはなんとか除去できる水垢ともまたちょっと異なります。
 
 イオンデポジットが及ぼすボディへの影響
 
 この白い残留物は、水道水であればカリウムやカルシウム、カルキ成分・塩素等。 雨水であれば、大気中に浮遊している酸性物質や有害物質(工場の煙や排気ガスに含まれる物質など)が残ったもの ・・・と、言われています。
 
 何だかボディ塗装に悪そうな物質達ですね~ ^^
 
 はい! その通り! この「白い残留物」はボディの塗装へ超悪影響を与える物質です!
 
 さらに、ボディに残った「白い残留物」達は時間や外的要因等とともにより強固・頑丈にこびりつき、洗車くらいじゃあ全くビクともしなくなります。
 
 これはヤバい。
 
 しかも、一旦跡が出来ると、そこへ常に雨水が高確率て滞留するクセが出来てしまい、、 さらにその残留固着は半端ないくらいになるだけでなく~ さらに恐ろしい事に繋がる事も。
ウォータースポット
ウォータースポット
 
② 恐怖のクレーター
 
 この「白い残留物」はボディにとっての有害物質。
 
 ゆえあまりにも長時間その残留物にボディがさらされ続けると、、 固着どころかボディの塗装層をも侵食し、表面を陥没させてクレーターのような跡を作ってしまいことも。
 
 なんだかボディの虫歯みたいな。
 
 ちなみに、このクレーター状にまで成長してしまうと もう完全にお手上げです \(T△T)/
ウォータースポット
 
 ボディ上へ強固に固着してしまった残留物程度ならまだ何とかコンパウンド等での解決策はありますが、(とは言っても磨き作業は必要となるでしょうから、まだ望みがあるとは言え簡単な解決策ではないとも) クレーターは塗装の層が侵食されて陥没しているわけですから、ボディに深い傷が入ったも同然の状態。 ほぼ解決策はないと思われて下さい。(一応初期軽度のクレーターならば、それでもボディの小キズと同様に磨き研磨作業で解消可能な事もありますが、しかしある程度まで進行してしまっているモノについては磨きで取れるレベルをゆうに超えており、直すとなれば塗装し直すしか解決策はないと思われて下さい)
 
 イオンデポジット恐るべし・・・ですね ^^
 
③ 出来る原因
 
 細かく言えば色々とあるのですが、
 
 ボディに付いた雨水や水道水の急激な焼付蒸発。(夏場の炎天下での雨天、洗車等。 ちなみに雨水はまだそうでもないですが、塩素成分が残留しやすい水道水は特に危険。 また雨水等がレンズの役目を担い、太陽光線によって焼き付きや攻撃が促進される事も)
 
 水滴残留物の長期放置。(水垢のように有害物質が固着)
 
 雨天の繰り返しで残留物の濃度が上がったり蓄積されたり。。(一度残留物が出来てしまうと、そこへ再度雨水が滞留しやすくなる事も要因のひとつ)
 
 主に言えばこんな感じかな。
 
④ 作らないための予防策、解決策
 
 出来てからでは手遅れの事も! 作らないための予防策。
 
炎天下での洗車は絶対にしない
 
 特に、黒などの濃色車は、夏場の高温時、または炎天下での洗車は絶対に避けて下さい。
 
 炎天下の濃色ボディは超熱いです。 ボディにかけた水道水は予想しない速さで蒸発してしまい、また、残留物に直射日光と熱が加わる事により、ほんの数分間の時間でも白い残留物は超強固に固着(焼付)してしまう事も。(もちろん白ボディでも避けておくのが無難。 ちなみに真夏の炎天下でなくとも、季節を通して直射日光下での作業は出来るだけ避けられておくのも無難)
 
 井戸水ももちろん禁物。 井戸水には塩素などは入っておりませんが、代わりに沢山のカルシウム分等が含まれており、、 このカルシウム分等の残留も非常にヤバイですから。。
 
雨後の残留物は出来るだけ早急に取り除いておく
 
 雨後、ボディ上で乾いた水滴跡は、出来るだけ早めに洗車するなどして取り除いておきましょう。
 
 特に夏場の降雨後には、出来るだけ早急に洗車して下さいね~ ^^ 日差しが戻ると攻撃度MAXな日差しで一気に焼き付けられます。(水道水ほどではないですが)
 
 また冬場は、比較的ボディ上に残った残留物は固着し難いですが、それでもやはり長時間の放置は厳禁です!
 
降雨時、ボディ上へ出来るだけ水滴を残さない対策を
 
 イオンデポジットの原点はボディ上に残った水滴です。
 
 つまり、ボディ上へ残る水滴が減れば必然的に軽減されるリスクも考えられ、特に親水性を重視したコーティングの施行が非常に有効的となる事も。
 
その他
 
 イオンデポジットが出来やすい車は黒や紺などの「濃色車」。
 
 白やシルバーなども出来る時は出来ますが、しかしリスクはかなり軽減されますので、、 日頃からなかなかメンテナンスに時間が取れない方~ 常に青空駐車の環境下にある~ 等といった方の場合には、単に購入時、白やシルバーといったボディ色をチョイスしておくのもひとつの対策かと。(屋根付き車庫にする、、 というのも手段のひとつ)
 
 なお、白やシルバーで予防できる範囲は あくまで日照による焼き付きリスクのみ。 また屋根付き車庫も雨天リスクが回避されるのみ。 もちろんその他要因となるものからは予防出来ませんので、一応その辺りは予め。(残留物が長期間放置されてのリスク、走行時の雨水残留、洗車時のリスク等。。)
 
井戸水も出来るだけ使わない
 
 意外と井戸水で洗車されている方も多いようですね。
 
 しかし井戸水の成分はカルシウム成分だけでなく、カリウムやマグネシウムなどもミネラル成分が非常に豊富であるゆえ 残留し蓄積されていくと後々かなり面倒な事に。。
 
 夏場や日照時の洗車時だけでなく、通常使いとしても私はあまりオススメしたくありません。
 
⑤ 補足。 時としてこれらもリスクになりうる事も。
 
 これまでは主なリスクや原因、対策案などを紹介してきましたが、時として意外なモノがリスクや原因に変わることも御座いますので~ 最後にそれらについても触れておこうかな。。
 
鳥の糞
 
 これはたまに聞く事もあるかな?
 
 鳥の糞は強い酸性。 ボディに付着したまま長時間放置しておくと強い酸性物質がボディの塗装を侵食し、クレーター化の原因にもなります。 特に熱い季節は侵食も早く要注意。
 
 ふんが付いていると見た目だけでなく~ ボディにもヤバイんですね。
 
 なお、鳥の糞を応急的にアルコールティッシュでふき取る方も多いようですが、これも決してやらないように。 かけ流しの水もなくいきなりボディをふくと傷が入りやすいですし、そもそもティッシュ系って意外と素材が荒く~ ボディを拭くのに全く適していませんし、場合によってはアルコール成分が塗装面を攻撃してしまう事もありますから。。(ふき取った後、ボディが白くかすんだり)
 
*これらをほっと置くと大変なことになるとお分かりになりましたか?これらは、コーティングしていない車だと塗装面の侵食が早く劣化するのですが、ボディをガラスコーティングしている車も
浸食は遅れるにしても、同じようになります。
イオンデポジット
 
ガラスコーティングを車屋さんから勧められて施工された方もいらっしゃると思いますが、メンテナンスが大事ですので必ずうけてくださいと言われてますか?
もし言われてない方がいましたら、すでにコーティングの効果が失われている方も居ると思います。
(ちゃんと説明しない、コーティングをしてもいいのですか?)
 
ガラスコーティングをしても、メンテナンスは必ず必要だし、ウォータースポットや鳥の糞あとが出来たら早めのメンテが必要です。
ですので、NOJ沖縄無料メンテナンス推薦しております。
気になれば、早めの対応ができるからです。
 
他社はメンテナンスで2万円前後かかりますし、1年定期でしか受けていません。
 
私たちNOJ沖縄では、無料メンテナンスですので、気になればいつでも対応をしていますし、気になる所があれば即対応ができるのです。
 
ですので、ガラスコーティングをするのであれば、無料メンテナンスNOJ沖縄をご利用していただきたいと思います。
 
自信を持って施工しますし、どんなことでもご相談乗ります。
 
STAFF一同お待ちしております。
〒900-0002
 
那覇市曙1-16-7  電話番号098-987-6785
 
営業時間 10:00~18:00迄
 
予約時間  9:00~22:00 【365日】対応
 
http://noj-okinawa.com/

2017年3月13日  Category 上記は BLOG 一覧 ⇑ ⇑ ⇑ クリックして下さい  Comment:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

COMPANY INFORMATION

エヌオージェイ 沖縄店

住 所
沖縄県那覇市曙1-16-7
事業内容
ガラスコーティング 、カーフィルム、手洗い洗車、板金・塗装【保険対応します】
E-mail
info@noj-okinawa.com
TEL
098-987-6785
9:00~22:00【365日対応!!】
営業時間
10:00-18:00
定休日 毎週木曜日

ALSOK警備導入店
ALSOK警備導入店